バナナを食べたり勉強していました

バナナを食べました。美味しかったので2本食べました。体にもいいですし、食べ過ぎてもそんなに気にしなくていいので、2本食べました。甘さがちょうどいいバナナでした。また機会があれば、食べてみたいなと思いました。そして、バドミントンについて勉強しました。ラリーの時のタッチザネットはラケットや身体の一部、衣服等がネットに触れてしまった時です。ホールディングは、一時的にラケット面でシャトルを保持(停止)状態にした時です。ドリブルは、同じ人が2度続けて打球した時です。ダブルダッチは、ダブルスで1人の打ったシャトルが相手コートに返球される前に、もう1人が続けて打球した時です。インターフェアーは、相手にプレイが妨害された時です。そして、ソフトボールについて勉強しました。ソフトボールは、1887年にアメリカのシカゴで室内ベースボールとして、ジョージ・ハンコックによって考案されました。冬季のインドアベースボールとして親しまれていましたが、1920年頃から屋外スポーツとして、愛好者が急速に増加しました。1933年、全米大会が開催されてから「ソフトボール」と呼ばれるようになり、ルールが制定されました。わが国には1921年、大谷武一により紹介されました。そして1949年、軟式野球連盟から独立して、日本ソフトボール協会が発足し、ファーストピッチソフトボールが普及するようになってきました。とても勉強になりました。

子育てをしたことで以前見えていなかったものが見えてきた

育児は育自、と言いますが、子育てしていて本当にその通りだなぁーと思います。
いや、育自というか、とにかく以前は見えていなかったものがたくさん見えてくる、と言うのでしょうか。
例えば独身時代の私は子供が好きではなかったので(リアルで言うと引かれるので友達などにもあまり言わないようにしているのですが)、スーパーやドラッグストアでギャーギャーとわめいている小さい子供を見ると「ちっ、うるさいなー」なんて思っていました。
でも、そういう子供達を叱る母親の顔が鬼婆のようで、「いくらなんでも人目のある場所でそんな恐ろしい顔で怒らなくても…」なんて思っていたのです。
しかし!実際に結婚して子供を産んでみると、確かにあの鬼婆のような勢いで怒らないと、子供は言うことなんか聞きやしないということがわかりました。
それに、「ダメよー」程度のサラっとした注意しかしない母親より、場合によっては鬼婆のように叱る母親のほうが良い母親だと。
独身時代に戻れるなら、あの母親に「すみません、頑張って子育てしていたんですね。鬼婆なんて思ってごめんなさい」と心の中で謝りたい気分です。
また、子育て中には他のママさんや学校の先生との関係、PTAの仕事などなど色々気苦労もあります。その中で「私の親もこういう思いをしたんだろうなぁ…大変だったんだな」と思ったりもします。
もちろん私の子育てはまだまだこれから。今後も子供が成長するにつれて悩んだりもするでしょうが、それはまた新しい視点を持てるようになるということでもあると思います。
子育てを通して、人間として少しでも成長していければいいなーと思います。